JA東京養豚 本文へジャンプ
組合概要・沿革

■東京養豚農業協同組合
  • 名 称: 東京養豚農業協同組合
  • 所在地: 東京都足立区入谷9−26−1
  • 電 話: 03−3899−1171
  • FAX: 03−3899−1172
  • 代表者: 鈴木 利明
  • 出資金: 1億7,352万円
  • 設 立: 1960年6月

イメージ ■東京養豚農業協同組合 岩井支所
  • 施設名: 東京養豚農業協同組合 岩井牧場
  • 所在地: 茨城県坂東市幸田1369番地
  • 電 話: 0297−35−7724
  • FAX: 0297−35−8770
  • 開 場: 1970年2月

イメージ
  • 施設名: 東京養豚農業協同組合 AIセンター
  • 所在地: 茨城県坂東市長谷2585番地
  • 開 場: 2009年12月


■沿革
昭和35年6月 東京都足立区内の養豚家16名により組合設立
名  称 
東京養豚農業協同組合
所 在 地 
東京都足立区入谷町1930番地
出 資 金 
6,400万円
敷  地 
39,342.17平方メートル
豚舎建坪 
7,600平方メートル
飼育頭数 
5,000頭
昭和35年12月 農林省より新農村漁村振興特別融資事業に指定される
昭和38年5月 出資金を9,400万円に増資
昭和45年2月 茨城県岩井市幸田1369番地に牧場用地40,094平方メートルを購入し、生産開始
昭和45年9月 出資金を1億7,352万円に増資
昭和48年2月 東京都足立区入谷町での養豚事業を停止
昭和60年2月 住居表示変更により本所所在地が東京都足立区入谷9−26−1となる。
平成10年10月 岩井牧場に分娩舎を新築し、その他豚舎を改築してSPF豚の一貫生産を開始
平成18年12月 岩井牧場に肥育豚舎を新築し、一部豚舎を改装し母豚800頭に増頭
平成21年12月 AIセンターにてトウキョウXの飼育を開始
平成25年10月 SPF認定農場の更新を取り止め、岩井農場でもトウキョウXの飼育を開始
(平成26年7月現在)